DIVAになりたい。

ど田舎会社員。マンションか別荘がほしい

週休3日。いいんじゃない、と思ってる話。

お題「最近気になったニュース」

 

秋になりました。

 

ぼんやりツイッターを眺めていたら

というツイートを見つけまして。

 

これこの、子どもを抱っこして公園にいる女性っつーのはなんともあざとい感じのする画ではあるんだけど、それはともかく「週休3日」いいんじゃない。と思ってるんです私。

 

「もし、お休みが週に3日あったら?」

だいたいこの問いに対して

 「あまり現実的でない気がする。有給を今でも全部使えていない。」

なんて答えるのは、ダメだと思うんですよ。ダメって言いきっちゃうのも悪いか。でも「もし~?」って聞いてるんだから、もしそうなったら、を考えて答えるべきっす。
(とはいえ、こういう人こそ週休3日が向いてると思うんですけどね。)

 

「もし、お休みが週に3日あったら?」

週に3日、3*4週間として月12日。…12日かあ。

やば、夢が広がりまくり。

 

休日のうち1日は別の仕事をしたい。

もし、もしもし本当に自分の会社が週休3日を採用したら、私はその内数日を使ってぜひ別の仕事をしてみたい。

週に1日だけで雇ってくれる企業やお店があるかはわからないけど、手間賃だけのお手伝いでもいいから他の仕事がしてみたい。週休3日になったら少しお給料が減るかもしれないけれど、その補填ということではなくって、自分がやりたくて自分のため(それは今している仕事のためになることや、誰かが喜んでくれること=自分が嬉しいことにのためというのも含むんだけど)になることをしたい。

 

それから、習いごとも増やしたい。いま月2回のレッスンをもうひとクラス増やして、3回にしたい。そのために勉強する時間も、もっととりたい。

単発のイベントやワークショップにも気軽に参加したいし、旅行もしやすくなりそうだし、料理やしばらくしてないお菓子作りも… いやほんと、夢が広がります。

 

自分で自分をデザインできるしあわせ。

 

みんなが同じことしてるわけでもないから、それぞれの会社それぞれの業務で、もっと言えば1人ずつが自分の働きかたをデザインできるようになったらいいなと思う。

それには自分が自分で自分をデザインできるようになるっていう努力も必要だし、お互いを認め合うっていう環境というか風土も必要。そして、それが出来ない人を排除せず助け合うということも。そのどれが欠けても成り立たないんだな。

自分のために、自分の働き方を考える。それが誰かに迷惑をかけないか、誰かが困っていないかに配慮する。困っている人には手を差し伸べて、困ったときには声を上げる。

 

なんて自由で幸せなんでしょう、って私は思ったんだけど、みなさんはどうですか。