DIVAになりたい。

ど田舎会社員。マンションか別荘がほしい

つめたつめたの

お題「どうしても言いたい!」

 

ここ数年、かき氷ブームですよね。

ブームだなぁと思ってはいたけれど、かき氷なんて全然興味なくて、氷飲むなら(かき氷って飲むって言いません?)ケーキとかプリン食べたいデブ気質。

 

でも、流行るだけある。

もう、ごめんなさいって感じ。

 

めちゃくちゃ美味しいです、かき氷。

 

f:id:chamoriettie:20180916160451j:plain

カメラ忘れて加工でごまかすって、あるよね。

 

ふわふわ氷につめたつめたのシロップ 、果実感がすごかったり、濃厚だったり、エ…エエエスプーマとかもう、工夫って天井知らずだなあと思わされる。かき氷屋さん、えらい。

 

もう9月もなかばだけど、あと何回食べられるかな。

 

 

 

追伸:

かっこよくありたいってことは大事だし、かっこつけてなんぼ、だと思う。

でも知ったかぶるのは、恰好悪い。

仕事中によく思うことです。

「相応」の圧力。

今週のお題「#平成最後の夏」

 

「あ、それでも今年に入って書いてたんだ。」

7か月ぶりのブログですこんにちは。

 

夏って、かつてのようなときめきはないんだけど(学生時代の夏って、どうしようもなくきらきらしていて、夏じゅうずうっとクラクラしてた気がするの)それでもなんとなく特別な季節。夏休みもなければ盆休みもないけど。

今年の夏はかき氷を食べてプールに行った。写真はあんまり撮ってない。

 

f:id:chamoriettie:20180826152711j:plain

 

10代のころ、ハタチというより25歳にはやくなりたいなって思ってた。

ハタチは成人だけどまだ学生だろうし、25歳くらいになるといろいろ自由そうだなって思ってた。

25歳をすぎたころ、はやく35歳くらいになりたいなって思った。20代後半、まだまだいろいろ、とらわれている感じがしてたんだと思う。

 

その35歳が目前にせまってる今のわたしはといえば

「え、次の誕生日で36歳じゃなかったっけ。」

 

年齢すなわちその人が生きた足あとという意味においてはそのこともとても大事に思うんだけど、だからどうだ、だからこうだって思考が、深いところでは全くなくなった。それが誰にとってもよいことかどうかは、ちょっとわかんないけど。

ただひとつ言えるのは、人から押し付けられる「トシソウオウ」なんてクソくらえ。

 

 

見ためなら、自分の目にも心にも違和感のないものを選べばいいと思う。心にも、ですよ。

んで、目に見えないことというか、暮らしとか生き方は、ほっておいてくださいとしか言いようがない。

過去は変えられる。

お題「最近知った言葉」

 

いまさらですが『マチネの終わりに』

k-hirano.com

読みました。

 

それで、この物話の中で繰り返し言われる「過去は変えられる。」について、これはある一種の感情を抱えている人たち(そんな人は、わりと多い気がする。)にとって、けっこう心づよい言葉になるんではないかなと思って、インスタで書き始めたらすごく長くなってしまって、しまったこれはブログに書くべきであった、と思った次第です。

なのでインスタと、連携してるフェイスブックにもだいたい同じようなこと書いてます。

 

過去は変えられる。

最近読んだ本から。ははあなるほどと思った。
わりと話題になった本だし、その本そのものに拍手喝采かと言えばそれほどでもないんだけれど。

 

f:id:chamoriettie:20180129125501j:plain

 

過去は変えられる。

未来は変えられるような気がしているけれど、結局どうなのかわからない。だってまだ未来というものを、そのものを見たことがないんだもん。だから何が変わったかなんてわからない。

ただ未来を変えたような気がするときには、うす曇りの今日や風にのる香りややふとした一言が、未来を変えたような気がする何かをしたという過去になるはず。

 

f:id:chamoriettie:20180129124724j:plain

 

過去は変えられる。

私たちはどうしても終わってしまったことにとらわれがちだ。それはだって過去のことしかわからないのだから当然なんだと思う。だけれども、過去は変えられる。変わっちゃうことも、変えちゃったこともあるかもしれないけれど、自分の意志ではっきりと変えることもできると私は思う。

意志だけではだめだ、と思われる向きもあるかもしれない。でも行動だけでは、それは「変わっちゃった」だと思うの。行動に意志を持ってこそ「変える」ことができる。

私はそう思う。

 

意味をもたない意味

物語の中では主人公のふたりが変わってしまった過去を何度も振り返りながら、しかし変わらなかった場合の未来(現在)を何度も想像する。

それは後悔でなく、単純な振り返りで純粋な想像でしかない。もしかしたら心の奥底にはあるのかもしれないけれど(そもそもそれがまったくない、ということが在りうるのかさえ、私にはわからないけれど)その振り返りに、その想像に、意味を求めなていない気がして、そこはとてもいいなあと思った。

 

私たちは、往々に、物事に意味を持たせたがりすぎる。意味のないものなどない。そうかもしれない。だけれど、たとえばその過去によって今が苦しいと思うならば、その過去に意味を持たせる必要はないのではないか。

過去は事実ではない。過去は自分の記憶の中にあり事実も含まれているが、その多くを支配するのは感情だ。そうであるならば、自分の過去が自分の今や未来を困難にしていると思うのであれば、その過去の意味を失くしてしまえばいいと思う。

もちろん事実は変えられない。しかしながらその事実というものも、絶対と言うには余りにも脆く不完全。なんですよね。

 

 

「過去は変えられる。」

つまりものすごくひらたく言うと、気の持ちよう、みたいなことなんだけど。

(違う?でも近いと思うなあ。)

とても心づよい言葉だと思う。

 

f:id:chamoriettie:20180129125537j:plain

 

写真は本文とはびた一文も関係ありません。

最近恋愛小説ブームなんですが、読んだ上で書いた記事がこれってもう完全に終わってんな、と。

週休3日。いいんじゃない、と思ってる話。

お題「最近気になったニュース」

 

秋になりました。

 

ぼんやりツイッターを眺めていたら

というツイートを見つけまして。

 

これこの、子どもを抱っこして公園にいる女性っつーのはなんともあざとい感じのする画ではあるんだけど、それはともかく「週休3日」いいんじゃない。と思ってるんです私。

 

「もし、お休みが週に3日あったら?」

だいたいこの問いに対して

 「あまり現実的でない気がする。有給を今でも全部使えていない。」

なんて答えるのは、ダメだと思うんですよ。ダメって言いきっちゃうのも悪いか。でも「もし~?」って聞いてるんだから、もしそうなったら、を考えて答えるべきっす。
(とはいえ、こういう人こそ週休3日が向いてると思うんですけどね。)

 

「もし、お休みが週に3日あったら?」

週に3日、3*4週間として月12日。…12日かあ。

やば、夢が広がりまくり。

 

休日のうち1日は別の仕事をしたい。

もし、もしもし本当に自分の会社が週休3日を採用したら、私はその内数日を使ってぜひ別の仕事をしてみたい。

週に1日だけで雇ってくれる企業やお店があるかはわからないけど、手間賃だけのお手伝いでもいいから他の仕事がしてみたい。週休3日になったら少しお給料が減るかもしれないけれど、その補填ということではなくって、自分がやりたくて自分のため(それは今している仕事のためになることや、誰かが喜んでくれること=自分が嬉しいことにのためというのも含むんだけど)になることをしたい。

 

それから、習いごとも増やしたい。いま月2回のレッスンをもうひとクラス増やして、3回にしたい。そのために勉強する時間も、もっととりたい。

単発のイベントやワークショップにも気軽に参加したいし、旅行もしやすくなりそうだし、料理やしばらくしてないお菓子作りも… いやほんと、夢が広がります。

 

自分で自分をデザインできるしあわせ。

 

みんなが同じことしてるわけでもないから、それぞれの会社それぞれの業務で、もっと言えば1人ずつが自分の働きかたをデザインできるようになったらいいなと思う。

それには自分が自分で自分をデザインできるようになるっていう努力も必要だし、お互いを認め合うっていう環境というか風土も必要。そして、それが出来ない人を排除せず助け合うということも。そのどれが欠けても成り立たないんだな。

自分のために、自分の働き方を考える。それが誰かに迷惑をかけないか、誰かが困っていないかに配慮する。困っている人には手を差し伸べて、困ったときには声を上げる。

 

なんて自由で幸せなんでしょう、って私は思ったんだけど、みなさんはどうですか。

 

家飲み。

お題「今日の晩御飯」

 

以前にビールのこと書きましたが

 

chamoriettie.hatenablog.com

 

あいかわらず淡麗グリーンラベルばかり飲んでます。

時期が時期なのでケース買い。そうそう、最近冷蔵庫も大きくなったので(今まで単身用だった)たっぷり冷やせます。実はぬるいビール派だけど。

 

淡麗グリーンラベルのウマさはスゴい。この場合ウマいというより美味しい、だな。

毎日飲んでもちゃんと美味しいし、2本飲んでも美味しいし、ゆっくり飲んでもずっと美味しい。

 

あと何でも合う。

ヤキトリも焼肉もハンバーグも牛タタキも、刺身も鯖みりん(激愛)もホッケ焼きもムニエルも、エダマメもモヤシナムルも各種マヨネーズサラダも酢の物も、にぎり寿司も細巻寿司も手巻き寿司も…なんなら卵かけご飯(ただし醤油しっかり)だって美味しいツマミに変えてしまう。

それが淡麗グリーンラベル

 

今日はツマミの話にしましょう。

私、ツマミはほしいけど、そんなに重要視してないんですよ。

できればちょっと湿り気があるほうが好みだけど、ポテトチップスでも構わない。単にポテトチップス好きだっていうのもありますけど。

ただ、あんまりおなかにたまらず、ちょびちょびつまみやすいものがいいよね。

 

ツナマヨとか罪悪感しかないけど、好き。

みじんタマネギと粗挽き黒こしょうでちょっとランクアップ… でもないか。でもこれ美味しいです。サンドイッチにはさんでもおいしいやつ。

たまごサラダも黒こしょう効かせるとツマミになる。ポテサラも!

 

山葵漬とクリームチーズ混ぜるのもいい。

クリームチーズと山葵ってものすごく相性がよくって、山葵味噌+クリームチーズも最高に旨い。おろし山葵を混ぜたって、当然旨い。基本、山葵は乳製品と相性がいいんだって、山葵農家さんが言ってたから間違いない。味噌はそのまま、おろし山葵と山葵漬けはちょいとお醤油をたらすのが好き。

そうそう山葵漬は鮪のすき身を混ぜると神がかり的にウマいんだけど、鮪のすき身はそうそう家にないし、あと買ったらスグ食べなきゃいけないものは我が家ではちょぴっとハードルが高い。っていうか、みなさまのお住まいのエリアでは山葵漬こそハードルが高いのかしら。わからんけど。

 

クリームチーズといえばオカカクリームチーズもいいね。

オリーブオイル+塩も旨い。あればプチトマトとか枝豆をあわせて、ダイスサラダみたいにしてもかなり捗る。他の豆でももちろんよい。

クリームチーズの優秀さはすごい。練って、塩でもふれば、もう完成されたツマミ。

 

そういえばイオンさんのPB商品でめんたいチーズみたいなのがあって、オットの激押しで食べてみたらマジで濃厚でよかった。プロセスチーズなのかな?とろけたし、明太子の風味もかなり濃厚。

あれはツマミの権化だなと思った。

 

 

ツマミのこと書き出すときりないので今日はこれくらいで。

今日の晩御飯もきっと淡麗グリーンラベル

 

 

山葵漬、山葵味噌、どちらもおいしい。

 

だからひとりが好き。

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

ご無沙汰です。

 

おととい、オットに「今日は好きなことだけする」と宣言した。

そういうときうちのオットというのはとても協力的で「いいねいいね、そうしよう。夕ごはんはそれぞれ好きなものを食べよう」みたいにすぐなるので、とてもありがたい。

 

私は休み、オットは会社。なにも予定がなくて、なにも予定がないことに気付いて、なにも予定を入れないことにした素晴らしい1日。

 

 

とりあえず朝起きてたまごサラダと野菜のサンドイッチを作った。食べたかったやつ。

パンはいただきもの(ヤマ〇キパンの白くてやわこいやつ)、たまごは昨晩のうちに茹でてマヨネーズとハーブ塩であえておいた。野菜は最近オットが激烈リピ中の「ナントカ農園のナン日分の野菜がウンチャラカンチャラ」という、洗わないで食べられるサラダみたいなやつ。大袋でクチが閉められて便利。

パンは焼かず、バターも省略。マヨネーズをうすくうすくのばしてたまごと野菜をサンド。オットにも持たせ、自分もひとりで朝ごはん。最高にうまい。

 

そうだと思いついて、だいぶ前に殻を剥いたまま放置していたピーナッツでピーナッツバターを作る。でもフードプロセッサーもすり鉢もない我が家では難航。

味はいいけど改善の余地ありまくり。

でも味はいい。ピーナッツバター最高!と思いながらスマホでエルヴィスサンドの記事とか読んじゃう。水出しコーヒーもうまい。牛乳もうまい。

 

アロマティカスの植え替えもした。

f:id:chamoriettie:20170609181256j:plain

多肉とハーブの中間種みたいで手間がかからないし簡単に増えるよ!という触れ込みを信じて育ててるんだけど… なんか想像してたほど増えない。枯れないけど、いまいち育たない気がする。

なので今回は全てぶちまけて、植え替え。土もちょっと足した。

水をあげすぎた気がして窓際に置くも雨が降り出しそう。明日も雨らしいの窓は閉めて除湿機をぶんまわす。

 

洗濯。料理以外の家事で唯一好きなこと。何より漂白が好きすぎる。柔軟剤の香りふんわりとかもいいけど、漂白命。

f:id:chamoriettie:20170609181357j:plain

青空の下に干すところまでやって100パーセントハッピー☆なのだけど、ぶっちゃけ除湿機が優秀すぎてほんとお世話になってます。しかも、いただき物。先輩ありがとうございます。

ただ干すところまでなんだよね、洗濯のハッピー。たたむところ、しまうところは嫌いです。なので、先にやる。

 

お昼は買い置きのインスタントラーメンを食べる。カップヌードルのカレー系のやつ、アジアっぽいやつ。おいしい。

あとさっきのピーナッツバターでサンドイッチ。おいしい。ピーナッツバター最高。

 

午後はゆるゆるとスマホで動画見たり…

 

あ、そうそう、なんと今さらHikakin さんに傾倒してます。

www.youtube.com

すぐ「あ、それヒカキンがやってた」って考えるヒカキン脳w っていうのは言いすぎだけど、少なからずそういうところある。

2017年いまか!?というのもあるし、33歳いまか!?というのも承知だぞ。でもあの人すごく努力家だしいい人そうだよね ←完全にアレのアレ

 

あとはゲームしたりお昼寝したり。

 

気づいたら18:00くらいでタイムリミットまで2時間。

オットの帰宅時間がおおよそ20:00くらいなので。別に帰ってきてからも何も変わらないんだけど、ひとりじゃないことは、いいとか悪いじゃなくて、自由ではないのだなー。

晩ごはんつくらない!と決めていたのでサラダの残りとポテトチップスをむしゃむしゃ。淡麗グリーングリーンぐびぐび。ああ、最高であります。

 

そんでまあ、オットが帰宅する頃にはお風呂も上がってほかほか。

もう寝るだけ。最高であります。

 

 

帰っていきなり「きょう、ぐうたらした」というツマ(私)に

「最高だね」と言うオットを持って、まあよかったなあと思うのです。

 

 

ちなみに次の日はオットとランチに行ったりもしました。

f:id:chamoriettie:20170609175451j:plain

これも、前日の幸福感があってこそ。ピザもパスタもうまかったー

 

 

そんなわけで、今日ぐっときたこと。

projects.huffingtonpost.jp

 

 

「家族がいちばん」と言うように

「友だち最高」と言うように

「子ども大好き」と言うように

 

「ひとりでいたい」

「ひとりが好き」

と、ネガティブでもポジティブでもなく、ふつうの気持ちで言えるような世界になったらいいなと思う。

 

「ふたり」が嫌なわけじゃない

「みんな」が嫌なわけじゃない

 

「ひとり」でいる楽しさも、どうぞ認めて。

 

そんな気持ち。

 

ひとり飯。

Netflix野武士のグルメお題ひとり飯」 か。

 

ひとり飯、最高に好きです。

よく「みんなで食べるとおいしいね」とか言うんですけど、あれはあれでひとつの真実だとは思うんですけど、

 

ひとりで食べても、うまいもんはうまいよね?

 

と、常々思っております。

 

仕事の日は会社で食べることも多いけど、いっせいにお昼休みドン!という仕事ではないので、基本ひとり飯

f:id:chamoriettie:20170408133654j:plain

いま私は結婚していてパートナーがいるわけですが、お互い定休日ドン!という会社勤めではないため、休日は圧倒的に1人で過ごすことが多いので、基本ひとり飯

夕ごはんくらいは2人で食べようとか思うけど、思いつきでファスティングしてみたり、ひとり残業してみたりすればそれもなし。

 

でも、ごはん、おいしい。

f:id:chamoriettie:20170408133647j:plain

よく「どこまでなら "おひとりさま" できるゥ?」「えーアタシ、ムリ~」「アタシ、カフェならヨユー」「アタシ、牛丼でもオッケー」みたいな会話あるじゃないですか。え、ない?牛丼とかない?まあいいじゃないですか、あるとして。

 

私としては、どれでも必要に迫られればオッケー。

ただ、牛丼チェーンとかラーメンとかはイマイチそのマナーっていうか振る舞いがわかっていない気がするのでちょっと躊躇。(お上品ぶってるわけじゃなくて、縁がなかった。ド田舎生まれだし女子高上がりだし)

あとは、おされカフェでも高級すし店でも、予算と食べたいリビドーの折り合いさえつけばオッケー。

 

ひとり焼肉もひとり居酒屋も大好物。ひとりフレンチはまだ未経験だけど、チャンスがあればいつでも!フレンチ大好き。巷にはイタリアンが多すぎる。

 

だけど、気もつかいます。 

これはひとり飯に限らないけど、お店にはいるときは、雰囲気はどうかとか、混雑してないかとか(ながらくサービス業の人間なので、やっぱ混んでるときに客単価下げるような利用はしたくないのよね)、気をつかいます。

あと、がらがらのお店もちょっと躊躇う。

「今日は、どちらからですか?(ニコッ」とか愛想のいい店員さんやオーナーさんがいると、基本ひとりのときはひとりを楽しみたいので(邪魔してくれるな・・・)と思ってしまうのだな。勝手ですみません。

なので、先客がいてそこそこ忙しそうで、ピークタイムを外したタイミング。これ最高。それが外からわかるとなおいいんだけど、かといって外から丸見えもやだから… ほんと勝手ですみません。

 

というわけで、ひとり飯

きっと歳をとったり家族が増えたりしても、ずっと好きなままなんだろうな。

f:id:chamoriettie:20170408135101j:plain

お題ブログでした。

 

Sponsored by Netflix

地上波(民放)よりネットTVのほうが断然おもしろそうに見えるのは、隣の芝効果なんだろうか。