読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIVAになりたい。

おひっこししました。

ひとり飯。

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」 か。

 

ひとり飯、最高に好きです。

よく「みんなで食べるとおいしいね」とか言うんですけど、あれはあれでひとつの真実だとは思うんですけど、

 

ひとりで食べても、うまいもんはうまいよね?

 

と、常々思っております。

 

仕事の日は会社で食べることも多いけど、いっせいにお昼休みドン!という仕事ではないので、基本ひとり飯。

f:id:chamoriettie:20170408133654j:plain

いま私は結婚していてパートナーがいるわけですが、お互い定休日ドン!という会社勤めではないため、休日は圧倒的に1人で過ごすことが多いので、基本ひとり飯。

夕ごはんくらいは2人で食べようとか思うけど、思いつきでファスティングしてみたり、ひとり残業してみたりすればそれもなし。

 

でも、ごはん、おいしい。

f:id:chamoriettie:20170408133647j:plain

よく「どこまでなら "おひとりさま" できるゥ?」「えーアタシ、ムリ~」「アタシ、カフェならヨユー」「アタシ、牛丼でもオッケー」みたいな会話あるじゃないですか。え、ない?牛丼とかない?まあいいじゃないですか、あるとして。

 

私としては、どれでも必要に迫られればオッケー。

ただ、牛丼チェーンとかラーメンとかはイマイチそのマナーっていうか振る舞いがわかっていない気がするのでちょっと躊躇。(お上品ぶってるわけじゃなくて、縁がなかった。ド田舎生まれだし女子高上がりだし)

あとは、おされカフェでも高級すし店でも、予算と食べたいリビドーの折り合いさえつけばオッケー。

 

ひとり焼肉もひとり居酒屋も大好物。ひとりフレンチはまだ未経験だけど、チャンスがあればいつでも!フレンチ大好き。巷にはイタリアンが多すぎる。

 

だけど、気もつかいます。

 

これはひとり飯に限らないけど、お店にはいるときは、雰囲気はどうかとか、混雑してないかとか(ながらくサービス業の人間なので、やっぱ混んでるときに客単価下げるような利用はしたくないのよね)、気をつかいます。

あと、がらがらのお店もちょっと躊躇う。

「今日は、どちらからですか?(ニコッ」とか愛想のいい店員さんやオーナーさんがいると、基本ひとりのときはひとりを楽しみたいので(邪魔してくれるな・・・)と思ってしまうのだな。勝手ですみません。

なので、先客がいてそこそこ忙しそうで、ピークタイムを外したタイミング。これ最高。それが外からわかるとなおいいんだけど、かといって外から丸見えもやだから… ほんと勝手ですみません。

 

というわけで、ひとり飯。

きっと歳をとったり家族が増えたりしても、ずっと好きなままなんだろうな。

f:id:chamoriettie:20170408135101j:plain

お題ブログでした。

 

Sponsored by Netflix

地上波(民放)よりネットTVのほうが断然おもしろそうに見えるのは、隣の芝効果なんだろうか。

思いやる人。

今日は4月1日。

新学期が始まるのは、もう少し先からかな。

 

新年度。

新社会人のみなさんは、入社式みたいなことがあったりして、とりあえず人生の第何章めかが始まるのかな。ごくろうさまです。ようこそ。

 

私は同じ会社に10年以上勤めていて、新卒入社でソトのセカイをほとんど知らなくて、ど田舎暮らしで。そんなせまーいセカイに生きてる私だけど、狭いなりに10年とちょっとぶん、成長というか… まあ、いろいろ見た。感じた。

この10年とちょっとで、この狭いセカイも、すごく変わった。

 

今日、私たちの仲間になる人たちが、いま、どんなことを考えているかわからないけど(おおよそ、まあ緊張してたりとか野心に燃えてたりとか、するんだろうけど)上司というよりは先輩として、なにか言葉を掛ける機会があるとしたら、いつでもいつまでも「思いやりのある人でいてください。」ということに尽きる。

 

思いやる人。

私もそうありたいと思っているし、行動の軸になっていること。

 

今まで各々環境や境遇は違えど、そこそこアカデミックな世界にいたであろう新社会人のみなさんには信じられないほど、このセカイには「意地悪」がたくさんあるから。

だからこそ、自分は思いやる人でありたい。

格好つけるつもりはないけど、死ぬこと以外ならけっこう損してもいいかなって思うくらい。なかなか、そこまでできないとは思うけど、気概として。

 

そのうえで、今、そういうことはどんどん変わってきているなって、感じています。だから、新しい人たち、どうぞ少しだけ安心して。

かつて「意地悪」は当たり前で、それに嵌ったり囚われたりするほうが悪い、みたいなふうに考えられていたと思う。でも今はちょっと違う。

私が「思いやる人でありたい。」と考え始めた時と、このセカイがそういうふうに変わってきたタイミングも近くて、だから、このセカイのタイミングにのまれて自分が変わったのかもしれないし、たまたまなのかもしれないし、そう思っていることじたいが気のせいなのかもしれないけど。

 

あー 「いやいや、世界にも日本にも、過激派みたいな奴らがいたり、悲しい事件や事故が起こったり、いったいどこが変わったんだよ。」「むしろ、どんどん悪くなってるんじゃないの?」そう思うかもしれないけど、そういうことが“見えている”って、ある意味健全だと思うのね。見えないの、怖いじゃん。

 

ま、それはともかく「自分の考えていることと、このセカイのトレンドは、近いかもしれない」と思えるのは幸せなことだ。

それこそマスターベーション的だと思われるかもしれないし、それこそ狭い視野だと笑われるかもしれないけど、そういうふうに考えられるようになると、人生がとても楽しいです。人生が楽しいということは、苦悩や試練がないということではなくて、苦悩や試練も自分の鼓動のように、自分の血脈のように、生きている証だと感じられること。

 

ようこそ、新しい人たち。

人生のひとつの章を、一緒に楽しもう。

居酒屋で頼むもの。

前回の記事から1か月以上経ちましたよ!と、親切なはてなさんがメールで教えてくれた。

今やもう普通で鬱陶しささえ感じる(それも頻繁に)けれど、こういうことを初めて体験したときには、なんて便利な世の中になったのだと驚いたな。未来感あったもの。

 

で、きっといつかはてなさんかのメールも鬱陶しいと感じるようになるのだろう。けれど、今はまだ新鮮だ。

だから今日は、お題スロットをまわそう。(無理やり感!)

 

お題「居酒屋で頼むもの」

 

いまわたし、ジャガイモブームなのです。

ポテトサラダ、ポテトコロッケ、ポテトグラタン。

フレンチフライにポテトチップス。

 

もともと大好き芋子だけれど、今またむしょうにブームなのよ。

そういうときって、あるでしょう。

 

 そんな私が居酒屋で頼むもの、いや、頼みたいものは

「じゃがバタ塩辛」

 

わー。

思い浮かべただけで、食べたーい!

 

北海道という土地、その魅力はよくわかっていないけど、食べ物はなんかもうやたら美味しいんだよね。魚もうまい。肉もうまい。野菜もうまいし、チョコまでうまいってどうなってるのよもう北海道!!!

そんな北海道では、じゃがバタだけでは飽き足らず?塩辛までのっけて食べるっていうじゃないですか。本当かどうか、北海道の人に聞いたことはないけれど、居酒屋のおやじがそう言ってたから、まあそうなんでしょう。

じゃがバタってだけで美味しいのに、そこに塩辛だもの人間だもの。うまい、うますぎる。あとカラダにはよくなさそう。でも美味しいんだもの人間だもの。

 

特にオチはないです。

ああ食べたい。

 

とりあえず、寝よ。

 

↓インカのめざめ、たべたい。↓

 

なぜ「ダサい」は、いけないのか。

なぜ「ダサい」は、いけないのか。

 

「なぜ日本の●●はダサいのか。」

ワールドワイドウェブの世界を泳いでいると、そんなエントリーを見かけることがある。


え、ない?私だけ?
ウェブとかフライヤーのデザインのネタ探しに検索しまくってるからかしら。

 

まあいいや、あるんですよ。

 

日本の… そうねえ、わかるような、わからないような。

これはジェンダーや世代間の問題を扱うときでもそうなんだけど、指ひとつで(正確には何らかのコストを負担して、だけど)世界と繋がれる時代に「日本だから」なんてカテゴライズする意味ってどこにあるの、と思う。

 

はい、脱線。

  

ただ、実際、ださいもんはださい。

「ダサい」って表記がもうすでにださい。なんでもかんでも平仮名にしていいわけじゃないけど、「ダサ+い」は、なんかもうむちゃくちゃださい。なんでもかんでも平仮名にしたがるのは自分の弱さだと思ってるけど、ごめんなさいゆるしてください、ださい。

そういうわけで、日本の云々はさておき、ださいものは世間に溢れかえっている。

 

 

「ダサい」ってなんだろう。

 ださいって、かっこ悪いとか、おしゃれじゃないとか。

じゃあ、かっこいいとか、おしゃれって、なんだろう。

 

www.weblio.jp

 

う。うんー、それって、「赤ってどんな色?」という問いに「青じゃなくて白じゃなくて緑じゃなくて黄色じゃなくて…」って答えるのと似てる気がするんだけれど。

野暮というのが答えっぽいけど、じゃあ野暮ってなんだって調べると「粋じゃない」とか書かれているわけで。


でも言葉って、そういうものかもしれないね。

あるひとつの言葉を理解するためには、他のいくつかの言葉を理解している必要がある。
もしくは見たり、体験体感したりしないと理解できない。
それはそれでいいよね。だって言葉って、道具なんだもの。

 


はい、脱線。

 


「ダサい」とは、見た者に不利益をもたらす象形。

とりあえず私は、そんなふうに捉えています。

 

そうなのよ、不利益なのよ。

ださいものって「うう、だせえ。」という感情だけでなく(これも辛いんだけど)「伝わらない」というアンハッピーな結果を生み出す可能性もあると思うのね。


「いやいや、多少ダサくても…」

こんな声が今にも聞こえてきそうですけど、

「目を惹けばいいんでしょ。」 -目を逸らしたくなるかもしれないよ?

「要は中身でしょ。」 -中身を見てもらうためには、どうするの?

「素人なんだから。」 -それならプロに頼もう。それもダメなら、勉強しよう。


私はデザインのプロではないし、ずば抜けたセンスもないし、こつこつ自学するような努力家でもない。

けれど、必要だなと思うから、やってる。嫌いじゃないし。

嫌いじゃないし、デザインのプロではないけど、その目的を果たすこと(モノを売りたいとか、ヒトを呼びたいとか)についてはプロでありたいと思っているから。

 

 

なぜ「ダサい」は、いけないのか。

かっこいいとかおしゃれとか、粋だとか、ルールがあるようでないものだし、どんどん変化していくもの。

けれど、ださいと言われること、ださいと認識されることによって生まれる不利益については、どういうカタチであれ何かを発信する立場にあるならば、認識しておかなければいけないと思うの。


いけないっつーか、認識しておいたほうがいいよ。

損するタネは、持たないに越したことないよ。

そう思うの。

 

 

それから、かっこいいものやおしゃれなもの、美しいものを作ったりするのって、楽しいよ。よいものに触れるって、幸せだよ。

自分で手を動かして作るのもいい。指ひとつでつながる世界のデザインをたくさん見て、やり方作り方を学んだり編み出したりして、すぐにはできないけどその過程もすごくおもしろい。

 

もしくは、世の中にはおおぜいのプロがいるから、そういう人たちと一緒に作り上げるのもとてもいいことだと思う。

お願いするあなたは「よいもの」を手に入れて「よい成果」を手に入れる。やったね!

お願いされた誰かは「収入」を手に入れて「よい経験」を手に入れる。やったね!

 

 

お、これってもしかして、みんながハッピーになれる方法なんじゃない?

デザインって、すごいことなんじゃない!?

 

 

 

そんなことを考えた日。

f:id:chamoriettie:20170128184658j:plain

あの場所で、桜のつぼみは、もうぱんぱんに膨らんでいます。

 

手帳。

お題「手帳」

 

3日坊主という言葉がありますが、「3日も続けば上等ぜよ!」と、リョウマ的に思っているのは私だけではないはずです。

みんなちがって、みんないい。毎日ちがって、それがいい。

そんなふうに生きているので、今日おもしろいと思ったことが明日にはどうしようもなく陳腐に思えてしまったりとかね。

でもそれはまだよくて、私がいちばん嫌だなーと思うのは「あ、これ、昨日いいと思ったやつだから、見とかなきゃ」(買っとかなきゃ、録っとかなきゃ、読んどかなきゃ)

 

ヒェエー!

 

なにそれ!キモチが、ワークになっちゃってる!

あ、そうそう、あの、否定しているわけではないです。
っていうか、否定しているのは自分自身であって(それも完全ではなくて)これを読んだり読まなかったりしてくれている私以外の誰かを否定するものではないです。

そういうのって、嫌だなーって思うんですよ。

どういう嫌かっていうと、なんつーの、かっこわるい?カッコワルイ。何かを夢中でしていたらこうなってた!みたいのが、私の中のかっこよさなんだなって、いまこれを書きながら思いました。意外と、夢見がちみたい。わたし。

 

 

やばやば、「手帳」なのに。

 

 

と言いつつまた書くけど、3日坊主を持ち出したのは、このブログが年末から更新されなかったことへの言い訳と、あと毎年手帳買うんだけど、のってる月とそうでない月の差が激しいよなーって思ったからなのでした。自分のことね。

 

そんなワタクシの今年の手帳はコレです。

f:id:chamoriettie:20170122132700j:plain

色は、ゴールド。

 

派手!と思うなかれ、昨年はショッキングピンクだ。

ラコニック。でも今年、同タイプが軒並み売り切れでね。

黒とか茶はやだし。4月始まりはきらいだし。

 

私が手帳にもとめるものは

  • 月間予定表
  • 月間予定表ページが連続していること

これらがマストで、「あったらいいな」つまり比較の材料となるのが

  • 豊富なフリースペース
  • 書きやすく開きやすい綴じかた
  • バーチカルいらない
  • しおりひも(正式名称なに?)
  • ゴムバンド
  • はなやか

このあたり。(優先順位順であります)

 

バーチカルいらないよ。いらなくない?営業さんとかには必要?
ミッチリ書き込むヒマあったら、他のクリエイティブなことに充てたほうがいい気がする雑人間は私です。バーチカルつきを試したこともあったけど、結局罫線をすべて無視して書きなぐるスペースになってしまったので。

そう、フリースペースはとてもだいじ。必要に応じてノートも持ち歩くけど、手帳にさっと書けると便利。見返しても楽しい。

 

仕事のこともそうだけど、習いごとのメモを貼ったりとか。

f:id:chamoriettie:20170122153614j:plain

書くと憶えるし。(つづり間違ってるとかそういう指摘はナシでおなしゃす)

 

ちなみに私は、卓上カレンダー(主に仕事、あとプライベートな用事がある日をマークだけしておく用)Outlookカレンダー(すべて。スマホもPCも)そして手帳(すべて+メモやひとこと日記)みたいな感じで、ここ数年は使ってます。

全てをオンラインで同期して…と思わないでもないけど、ぱっと見られることや、オフラインでも見られること、あとヒマなときに作文&お絵かきできることが私にとってはとても大事なのだなと。

 

でも卓上カレンダーを手帳にするアイディアは毎年惹かれてる。フリースペースがあるタイプなら、おおよそ希望通りということになるのだけど…

そういうの使ってる人います?いたら、ぜひ使用感を教えてほしいです。

 

 

ではまた。

コタツもストーブもいらない暮らしのために。

お題「冬支度」

 

昨年、結婚したんですが。それまで人生の半分をワンルームで一人暮らしで過ごしていたわけで、いきなり家が広くてしょうがない。
(別に広い家ではない。2K。)

 

家が広いと(2Kだとしても)どういうことが起きるかというと

  • 掃除する場所が増える

ワンルームのときはキッチンがなかったし(追々書くかもしれないし書かないかもしれないけど、なかったの)風呂トイレ一体型だったから軽く4倍。2Kのくせに。

  • モノが増える

置く場所がある=モノが増える。モノを増やす人も増えたんで、まあしょうがないけど。

  • 寒い

ぱっと思いつくのが、こんなところ。

 

そう、寒いのです。

 

わりと暖かい地域に住んでいるのは承知の助。雪なんか降らないし、凍ることもほぼない。真冬でもユニクロのダウンとヒートテックさえあればOK。

それはそうなのだ。それはそうなのだけど、家が寒いのよ。

 

この家が寒い原因はいくつかあって

  • ヒトがいない

共働きで日中は誰もいないし、夜もとっぷり日が暮れないと帰ってこない。2人とも。

  • ぼろい

築20年近い集合住宅だからどうしても。あと風が強い場所なのに窓の一部がぶっこわれてて吹き込みがすごい。

  • 日当たりが悪い

悪いっていうか… 朝はさんさんと降り注ぐおひさまの光で目覚められるんだけれど、それも午前中まで。午後には日陰になってしまうので、西日で部屋が温められるということがない。夏はいいけど、冬は寒い。

  • (2Kだけど)広い

ワンルーム時代は、エアコンぴっとすりゃそこそこあったかった。でも今は、1室でエアコンつけても隣の部屋は冷んやり。台所は冷え冷え。

こんなところでしょうか。

 

「寒ければ暖房器具を増やせばいいじゃない。」

 

そうなんだけどねー。
広い広いとはいえ(誰も広いと思ってないだろうけど)2Kなわけで、収納だって限られてるし、あまりモノを増やしたくはないのです。どうせ放っておいても増えるし。

あとコタツはあまり好きじゃない。潔癖だったことは一度もないけれど、なんだかあのフトンには不潔感が… マメに洗濯でも天日干しでもしろよって話だけど、それができりゃ苦労しないっすよ。コタツカフェとかコタツ電車とか、はたまたひとんちのコタツとか、別に文句はないけどね。行けば入りますよ、あったかいし。
それと、コタツは生産性を著しく落とすとも思う。お布団ですら出たくないのに、あんなにあたたかいものからシャキシャキ出られる気がしない。
しかも大きい。ジャマ。広い広いとはいえ(誰も思ってないだろうけど)2Kなので、ひと部屋をコタツに占領されるなんてたまったもんじゃない。

そう、コタツが悪いんじゃない、私が悪いのです。

 

そんなわけで。
(長ぇ前置きがクセなんです)

 

昨年、私が手に入れたのが

着る毛布グルーニー

 

とりあえず、オットとワタシとで2着(枚)購入。オットは家でのんびり過ごすことが多い人なので、そのおともに。私は家にいるときは動いてるか寝てるかの極端な人間なので主に寝るときに。

愛用しております。

でね、やわらかいしほどほどふかふかだし、154センチの私にはミドルでも少し長すぎたけど足まですっぽりと思えばそれもよし。色・柄も「超おしゃれ!」じゃないまでも、ガマンできる範囲。外出するわけではないしね。

 

公式もオススメしてますが、寝るときはぜひ前から羽織ってください。モンゴルの武将みたいとか言われてるけど、そんなんどうでもいいくらい暖かいし快適です。

 

というわけで、我が家はまだエアコンもつけてません。着る毛布と、カインズのフランネル敷パッドで夜もぬくぬく。おすすめです、マジで。

ほんとは台所用にあったかいスリッパもほしいんだけど、スリッパは前開き+布以外(バンブーとか)が好きなんだよなー

 

↓わたしは赤いやつを愛用↓

↓これかわいすぎ↓

ゲロされたりよだれでべちゃべちゃにされたりするだろうけど、グルーニーは家で洗えるからね。出産祝いにいいと思う。安いし。

好きなビール。

お題「好きなビール」

 

さあさあ、どんどん書きましょう。
(と言いつつ1週間も放置してるのだけど)

 

お題は「好きなビール」

 

ビール、好きですね。
といってもメインで飲んでるのはグリーンダヨ!な、あれなんですけど。

www.kirin.co.jp

ま、おいしいよね。

 

あとは、よなよな。

yohobrewing.com

水曜日のネコ」はほんと名作だと思う。
そしてセッション柚子エールの再販を強く願っております。

よなTもパーカーも手ぬぐいも愛用。
ネコver作ってくれないかな。即買いだぜ。

 

そんで、今年も行けなかったオクフェス
来年こそ行きたいなあ。

ベアードビールも。
こんなにも近くにあるブルワリーなのに、まだ未踏の地。

 

そういえばビールってもともとあまり好きでなかったんだけど、焼酎というものが全く飲めなくなって、日本酒とワインはウマイマズイがむずかしい。(と、私は思ってる)
そこへくるとビールというものは、まあおよそビールでなくても、そこそこウマイし楽しめる。

でも美味しいビールは、それはそれでいいよね。私はわりと、かろやかで華やかなビールが好きみたい。ベルギービールとか、いいよね。よく知らんけど。

っていうか、居酒屋だろうがレストランだろうが、サーバーが汚い店は言語道断なわけで、そんなんだったら缶ビールどころか麦風味リキュールでも飲んでるほうが3億倍マシなわけで。

 

どうしても、ついつい、まとめっぽい話になってしまうよね。この時期。
飲みおさめは、たぶん家で大晦日なんだけど、来年もおいしく飲みたいもんです。

って、お昼ご飯を食べながら書いてる。

 

↓気づけばキリン派